スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.02.23 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

オーガニックレストラン

恵比寿アトレの新館2階にある
Cosme Kitchen Adaptation
コスメキッチン アダプテーション

行ってきました^^


店内はホテルのレストランみたいだった


これがサラダバー...みたこともないようなオシャレ謎野菜がたくさん(゚O゚)

見栄えばかりを気にしてお皿に盛る私でしたが友人(ナオコ)は
「顔にしようと思う!」と何故か顔形に盛り、あんま取れなかったとすぐにまた取りに行ってました(^.^)


かわいい(o^^o)

離乳食のメニューもあり!

米粉のパスタ

以前別のレストランに行ったときに離乳食のメニューの有無を聞いたら、
ベビーフードは無いから持込OKだけど、ヴィーガン(野菜しか食べない主義)の店なのでたんぱく質はNGと言われ理解しつつもちょっと面倒くさかったのですが、
離乳食があると嬉しいです^^

しかし

旨くなさそう...オーガニックだぞ!ドラッグストアで売ってるキ◯ーピーのと違うんだぞ!親の心子知らず!


こういった一品とサラダバーでだいたい2800円前後とランチとしてはお高いけど、これはひとつの体験として価値のあるランチだと思いました。


私も例にもれず、子の離乳食を始めてから食の安全が気になり出しなるべく有機食材や無添加のものを使うようにしていたのですが
有機のものってやっぱり高い。
近所の八百屋さんで100円のキャベツが
有機だと340円くらいです。
それだけ、無農薬で作るのって大変なんだなぁ〜

もうだいぶ大きくなってきたし、まぁいっか、ほどほどで!


お花

野菜を620円ぶん買って、帰りにふと立ち寄った花屋さんで750円の花を買った。。



堅実じゃない...お花は食べられないけど、その価値があるのだ。


先日、息子がグズッて大変だったアピールをしたら
旦那がなんと花束を買ってきてくれました。



スーパーカップとかチョコモナカジャンボじゃないところに、この数ヶ月の努力(ダイエット)が報われたようでとても嬉しかったです。(私はまだ体重戻らないけど振り幅の大きい旦那は7キロ落とせました)

星野源さんすごいなっていう日記です

星野源さんの『働く男』読んでじわじわショック。

最近星野さんの出演するドラマをよく見るのですが
あれ、CDも出してるよね?!MVではダンスもしてる!器用な人なんだろうなぁ〜
と気になっていて検索していたら
え、本も出してるの?!と驚き、読みました。

前半は雑誌ポパイでの映画紹介の連載記事なのですがストレートな評論でなく
全然関係ない話かと思いきや絶妙に映画の話につながっていくという…

後半はこれまでの楽曲の解説とか短編小説とか又吉さんとの対談とか…
私の説明じゃちょっとあの味のある文章の魅力を伝えられないけども、面白いです。


音楽作ってお芝居もして物書いてダンスもして…活動が多岐にわたっている!

読んでて、あ〜〜〜じわじわショック!と思う箇所があったのです
私も例にもれず、「ひとつに絞らなきゃ全部中途半端!」などと考えそれでいて多趣味だから全然まとまらず悩む、を
10年くらい続けているけど(!)、この人は全部やってる。スゲェ。
やりたいことありすぎて中途半端なのではなく、中途半端な奴だから中途半端なんだと、
薄々感づいてはいたけれどハッキリ言われるのがこわくて考えないようにして多趣味のせいにしていた事実を
目の前につきつけられてしまったァ〜。
しかもこの本書いてる時の彼と私いま同い年〜ひぇ〜まぁ歳は関係ないにしても、この生き方カッコよい。
好きなものもジャズから落語、アニメ声優とかスレイヤーズまで幅広い。親近感わく。
妙にシンパシー感じて気になってたのは学生時代の孤独にあったのだなぁと勝手に納得するも、
その先の、好きな事をどんどん仕事にしていってる感じが なぜ?!で全然納得できない…!


音楽の話のなかで、”音楽で世界は変えられないけど、誰かの気持ちを変えることは出来るかもしれない”
といった箇所がありましたが、その通りです。
子がギャンギャン泣いているとき、何度iPhoneに「星野源のアルバムをかけて!」と叫んだことか…
これからもお世話になります。。

あぁ〜全部中途半端で「これでいいのよ」と思おうとしている自分、ヤダ〜!


人気商売、という言葉で片づけられない

妹が、サウンドホライズンというアーティストが昔から大好きで

その10周年記念で、これまでのライブDVDが収納できるという桐の箪笥(10万円)を購入した人を対象としたイベント、"上映会&記念品お渡し会"というのに行ってきて、
たいそう感激している様子。

肌が超綺麗で笑顔も声も優しかった、10万安い、と。


私の『やっほ〜!陛下(サンホラの創始者)元気だった?』という軽いノリのラインからはじまった会話なのだけど、
妹の、喜びというか幸福感とさえ言えるほどの興奮が文面からひしひしと伝わってきて、
素晴らしい仕事をしている人なんだなぁと思った。

"人を喜ばせて幸せにしたぶんお金持ちになれる"
みたいな、ビジネス書とかで見かける言葉を体現しているようだと思った。
(因みに桐の箪笥を購入したファンは1億人以上だそうです)


妹は「健康に、長生きしてほしい。私も長生きします」と言っていた。
かなり入れ込んでいるともとれるけど、他人を想う純粋な気持ちだと私は感じた。人にそこまで言わせるって、すごくない?

長生きしてほしいね。と、私も思った。


私も妹とライブに行ったことがあるけど、世界観がしっかりしていて、舞台を観るように本当にワクワクした。何よりファンの人たちが楽しそうだった。
そういう人たちはもし急に活動停止になったりしたら本当に落ち込んでしまうだろう...なんていうか、二度と還らない喪失になるだろうと思う。

ライブに行くのに「何着てこう♪」とか、かわいいじゃない。
そういう、脳が活性化しそうな気持ちを起こさせるってすごい。

アイドルもそうだけど、本当に素晴らしい仕事だわ。


そしてふと自分の事を考えた。
今まで自分は色んな事をやってきて、そのすべては「やりたい!」というのが大元のエネルギーだったけど、もっとその先の、人を喜ばせたい!という所まで本当の意味で考えが達していなかったのかもしれないなぁ、と。
だから度々、「自己満足かな?」と不安に思っていたのだなと納得してしまいました。
もちろん、やりたい!エネルギーは行動をおこすのに必要な最低限の動機だけどね!!もっと先に行けたら幸せだよね。

まずは家族を幸せにすることだ!



ここまで読んでくれてありがとうございました!

フラグ癖、治らず

おさわがせしております。
ブログをみてメールをくれた方々の温かさに感謝しつつ。
書いて整理するタイプの潤子です。


父は
肋骨が六本折れ、鎖骨折れ、頭蓋骨折れ、それによるくも膜下出血という骨折三昧ですが
2週間の入院のち脳のリハビリ通院でオッケーだそうでホッとしております。



当初は簡単な単語が出てこなかったりして言いたい事を察しながら会話する感じでしたが
数日経ち入れ歯が入ったら普通に喋っていました(・_・;
脳ってすごいなぁぁ


とはいえ父も69歳ですので無理はいけませんね。

顔を見せた孫に
「ごめんよぉ〜ジジ元気になって、下田は絶対ぜったい行くからなぁ〜」
と言っていて


『またフラグ...』


と思う一同でした。

フラグ回収

「四月に旅行行く計画立てちゃった!」


と、朝に実家に行ったら父が言っていた。家族3人で京都へ行くのだと。

昼過ぎ、母と私と息子は父に車で谷中まで送ってもらい、夕方から仕事だった父は一度帰ってスクーターで仕事へ。
母と買い物をし、たくさん歩いて実家に戻りお茶の支度をしていたら

母が誰かと電話をしている。

「えっと...どういう状況なんでしょう?」

いつも以上にシャキシャキ電話対応する母の様子に、え、何かあったのかなと母の手元のメモをみると


東京◯◯医科大学


...父がスクーターで事故、だって。


妹と私の夫に連絡し、
母も私も少々焦りながら
大丈夫、私は運転できる...と深呼吸して病院へ向かう。


日頃から、
「夏に(孫)と下田(小川家恒例の法事旅行)に行くのが楽しみでしょうがないんだぁ〜」と会うたびに言っていたし、

母と二人でハワイアンズに行ったときも「お父さん 働いて 働いて みんなで来れるように稼ぎます 是非また来たいです」
とラインしてきたり、

その度に妹と
「フラグかなって思っちゃうからやめてほしいよね〜笑」
等と言っていたので
連絡を受けた私たちは各々


私「しっかりフラグ回収してるじゃんか!」
妹「こ、これで全フラグ回収したと思えば...
夫「不謹慎だけど...フラグ...」


と心に浮かばずにはおれないのでした。


緊急治療室のベッドに寝ている父は
ものすごく“おじいさん”で、一瞬ギクッとしたほどでしたが
仕事先への連絡などを私たちに伝え、去り際には

「3週間くらい入院だっていうから、旅行キャンセルしなくていいから」

と手をヒラヒラさせていたのでした。


「そんなの無理に決まってるじゃない」と言おうとする母を制して
「わかった、そのままにしとくよ。でもまだ有給はとらないでおくからね」

という妹が頼もしく見えました。


朝、旅行の計画を嬉々として話していた人が、夜はERのベッドで寝ている不思議。

回復を祈るばかりです。


息子を寝かしつけて一息ついた私たちは
私の唐突な思いつきにより、トトロのパズルをして夜を過ごしたのでした。

読書をすると頭がよくなるってほんとかな


初キヤノン
Wi-Fi機能付カメラが欲しくて買いました。型落ちの展示品は即決。

あとはKindleに興味津々なのですな〜
それというのも『読んだら忘れない読書術』という本を読んで本を沢山読みたくなったからなんですが
今の所は紙の本とiPhoneのKindleアプリで読んでいます。


図書館で77人待ちだった『読んだら忘れない読書術』...読みたい時に読みたかったら買わなきゃですね。

こうして"アウトプット"することも"読書術"の一環なのですが

私がいちばん納得したのは「自分ひとりの頭で考えることには限界があるけど、本を読めば先人の知恵を拝借できる」ということです。

たしかに、たとえばTOEICで900点とる方法などの"方法"は自分で一から編み出すよりも本になっていればそれを読めばいい話だ...

悩み事がある時も、ひとまず解決策を知っているだけでストレスが軽減されるらしい。

つまり自分ひとりでテンパってるより読書して知識を広げる方が救われるのですね。試してみる価値がありそうです。



ただこれは、「◯◯するために読書する!」という目的がはっきりした場合に限るなと思いました。つまり趣味で読む場合はこの限りではないっ
読書大好きな母にこの本のことを話したら
「私もすぐ忘れちゃうんだよね〜だから何回読んでも面白い」と言ってた。


なんにせよ取捨選択はキチンとしなきゃですね。私個人は良く言うと素直、悪く言うと洗脳されやすいので。

さ〜ガツガツ読もう。

はじめての違反



あけましておめでとうございます。


ブログ更新したいけど子育てしかしてないから書くことないな〜と思っていたら

初めて違反のきっぷを切られました。


免許をとって10年になりますが不得手の意識から殆ど運転せず(実際試験官に「ひとりで運転しないで下さいね」と言われたし)
産後友人が車で遊びに来てくれたのに触発されようやく一人で運転するようになり、ついに駐車が怖くなくなってきたころ。

“この時間帯は右折禁止”の場所で
その時間帯に右折してしまいました。


「ここ、交差点の近くなので横断歩道橋まで出てください」と言われ
歩道橋の“橋”を聞き落とし、遥か先の横断歩道までノロノロと走って行き待っていたら、彼が遠くから走ってくるのがサイドミラーでみえた。

路肩に停車し質問されている時のばつが悪いことといったらないが、
不思議と悔しくはない。
いつかこんな日が来ると思っていたから...
それに、明らかに私が悪いわけじゃないから!

...いや私が悪いんだけど、
悪いと知りながらやったのではなく
標識にまったく気づかなかったのだから!
「見えませんでした?(標識)」と言われたけど、見えてたらやらないと思うのだ。


結構時間のかかる入力作業を待っていると、視線を感じた。ふと歩道をみると、学校帰りの小学生男子がこちらをガン見していた。
男子は私と目が合うと緊張した面持ちで “こくん” と頷き去っていった。

なんで、彼、ガン見してたのか分からないけど とても和んだ。ありがとう。


「気をつけて行ってくださいね」とようやく解放されて走っていると、ふと
右折した瞬間に対向車線に居た車の運転手が怒りの形相で何か言っているのが見えたことを思い出した。
たぶんこちらに向かって罵詈雑言を放っていたのだろう。怖かった。

この気持ちは道で肩がぶつかった人に「チッ...ブス!」と言われた時と似ている。これはかなり久しぶりの感情だ。傷ついているのだ。

そして、あぁ、私は最近、傷ついてなかったんだと分かった。幸せだ。傷つくのは辛い。

この程度で傷つくという言葉をチョイスするなぞ甘っちょろいのかもしれない。
けどその位私は弱いのね。
そして弱い人間が自分の弱さを忘れると調子に乗る。
調子に乗って人を傷つける。よくない。


そうだ、これからは奢らず良い人間になるぞぉ〜!!

と気づくための授業料7000円だったんだよね。うん、絶対そういうこと。



(T . T)

自分がギリ20代なこと忘れてた

心がしんどくても身体が元気なら大丈夫って思います、
身体がしんどい今は...´д` ;


あの...母乳をあげると?吐き気や倦怠感に襲われる人も居るらしいのですが
私が まさに それみたいで

漢方とかキューピーコーワゴールドとか鉄剤飲んでなんとかやっています


妹がセーラームーンの可愛いタブレットケースをくれたので、それにもキューピーコーワゴールドと鉄剤を入れて

わぁ〜、ケースがかわいいとテンションあがる〜(°_°)白目


こんな感じで良くなったりぶり返したりして生きています。

もう若い身体ではないのね...と思っていたらママ雑誌に柴門ふみさんのコラムで「本当に前とちがうと感じるのは40を過ぎてから。」と書いてあってとても説得力がありました。


そうこうしている内に今度は息子が腸炎になり、笑顔で下す息子...

心身ともに元気なのがいちばんですが、目先の事象にとらわれやすい自分としてはとにかく元気になりたい、あと、痩せたい(ー ー;)


もうクリスマスなので
図書館で借りたマニアックなCDを聞いてます。



たぶんリアルタイムでアツい時期からだいぶ時が経っているせいかサブカルっぽいサウンドな気がします。

あとは年内にステキな棚を完成させる予定。ペンキさえ届けば...


いまは生活すること と 育児 がメインの活動ですがこれはこれでちゃんとやれば楽しい。息子が動きまわってカオスにされる前に家の中を整えるのが現在のテーマです。

おわり

アイデンティティ苦戦

こんばんは
図書館でママ雑誌を読んで肌に合わない事を確認してきた潤子です。


ママ雑誌のママたち...キラキラしてる...内容も、
『年末のヘアスタイル(ママ友と忘年会、パパの実家に帰省、地元の神社に初詣、地元で同窓会...などママのシチュエーション徹底してる)』
から
収納、インフル撃退、生涯のマネープランなどなど...


なんでママ雑誌が合わないと感じるかというと、母になって間も無い自分は
『自分のアイデンティティ=ママ』という感覚になってないからなんですけど

あぁ、でも
マネープランとか...若い頃はちゃんと考えてなかったけど
色々やりたい事と照らし合わせると差し迫っているな。。。

収納、そうよね〜、これから子どもの物増えるもんね。。。


と、あまりキラキラしてない部分はかなりすり寄っているなと感じました。


う〜ん、だけどキラキラしてるママは素敵です。だって子育てってすごい疲れるはずだもん。それでも更にアレコレ工夫してオシャレして、子育ても楽しんで...

私もキラキラ?というか、自分に納得したい。自己満足でいいから!


髪型や服装にしても
「面倒だから」が基準になるとどんどん諦める方向に行きそうで

かといってそれだけの理由で、たとえば髪を伸ばしたとして、
結局ひとつに束ねてるのでは意味がないし

オシャレのある程度は訓練だろうということで、息子が寝ている隙にせっせとフィッシュボーン(髪の編み方)の練習をしたりしている。。


こんなんで良いのか?良いのか!!


おなじ角度


<< | 2/32PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

recommend

ヒーシーイット―アクア
ヒーシーイット―アクア (JUGEMレビュー »)
ウィスット・ポンニミット

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR