都電荒川線のイベントに行ってきた

荒川車庫前でやっていた、路面電車の日記念イベントに行ってきました...!







息子と共に平均して週3で乗って出掛けている都電。
土日祝日に開いている都電思い出広場(昔の車両が2両置いてある広場)にはほぼ毎週行っています。息子が好きだからね!

しかし今日のイベントは
私が楽しんでしまった...
廃車の部品販売を!

前から欲しかった路線図1000円

ブザーボタン500円

購入は一人一品で、複数欲しい場合は何度も並ばなくてはいけないシステムなので、義姉と私で並ぶ(笑)
そして並んでいる間に、前に並んでいた既に電停に貼ってある路線図のパネルを購入したお兄さんと話す。
その前に並んでるおじさんも加わる。
...楽しい。

以前妹が、趣味のイベントの待機列で友達が出来ると言っていてオタクのコミュ力すごい!と思っていたけど、
思えば同じ列に並んでいるという時点で共通の話題があるに決まっているので 最初からある程度心を開いて話せるわけですよね。
良い体験だった〜

因みに他に売っていたものは、つり革、座席、手すり、など。
前のおじさんはつり革をタオル掛けにするといっていた^^実用的。
廃部品を組み合わせて部屋を電車風に...とか憧れるねぇ(´-`).。oO

今日の部品は息子が楽しんで遊んでいるのでそれでよし!!

ラズベリーリーフティー良いですね

出産してもなおカカオニブ食べてる潤子です。

2度目の妊娠は、むずむず脚症候群、恥骨痛、花粉の時期に尿もれ、など色々地味に嫌なことがありましたが
2度目の出産は断然楽でトータルの所要時間は前回の半分以下ということもあり、産後の体調も予想に反して元気、元気です。

出産は1歳でも若い方が回復が早いと聞いていたので、前回より2年7ヶ月歳をとっている私は回復に相当時間がかかるのだろうと思っていたけど、それよりもお産自体が重いか軽いかに掛かっているようです。

というか
1人目君が居るうえで前回のようにベッドの上で過ごしていられるわけがないのです。

前回のベッドの上での日々は時間が過ぎるのが遅く、外でいつも通りの生活をしている人たちの声や車の音を聞きながら、1ヶ月検診の日を指折り数えて消化するような毎日でした。
ただでさえ慣れていない赤ちゃんのお世話に加えて、それは私には全然向いてない過ごし方で、筋肉は落ちるし、すごーく気分が沈み、あ、これがマタニティブルーなのだなとわかりました。辛かった...

そんなわけで
前回みたいに気分が落ちる事だけはなんとしても避けたい!!と思い、
妊娠中に渋谷のヒカリエをブラブラしている時に出会ったルイボスティー専門店でオススメされた、ラズベリーリーフブレンドのお茶をずーっと飲んでいたのです。



とにかく気分が沈むことを回避する目的のみだったのですが
女性のためのお茶!と謳っているので他に何か効能あるのかなと思って先程ググったところ

陣痛緩和、お産の時間短縮、産後の回復を早める、などなど、魔法のような事ばかり書いてあるではありませんか。
経産婦なのですべてこれのお陰かは分かりませんが、実際書かれている全ての効果を感じているので、身近に出産を控えている人が居たら御守り代わりにでも是非プレゼントしたいものだなと思いました。

もっとちゃんと調べよ、知らないというだけで損している事って結構あるだろうな...と思ったのでした。

先日美容室で出してくれた本で、気に入ったものを買ったり借りたりして読んでいます。

美容室って、お客さんの見た目と年齢みてそれに合った雑誌を用意されるもんだと思ってたけど、
「えーっと...」と選んでくれたもの数冊、これ、本じゃん!と意外に思ったのでした。


細野晴臣さんの『映画を聴きましょう』と、『パリの素敵なおじさん』

「映画を〜...」は、細野さんの映画体験と映画音楽のコラム集で、書かれている映画いちいち観たくなるし聴きたくなる。そして細野さんがお若い頃の映画事情を知れて面白い。

「パリの〜」は、パリの街中に居る気になるおじさんと話して、このおじさんこんな事言ってたよ〜ってコラム集なのですが、歴史の事とかそれぞれの人生観とか、知らない事色々あって勉強になります。

ここしばらく、時間管理術とか家づくりの本とか、お金の本とか、現実的な本ばかり読んでいてこの手の文化系の本を手にしていなかったので、息抜きにとても良い。

偏るのとバランスとるのと、一長一短だなぁと思うこの頃です。

どハマり

妊娠したら、お酒やタバコはNGなので嗜好品がなくなるのかと思いきや

これはもう中毒ではと思うほどお茶とカカオニブに凝ってしまった潤子です。

お茶はコレド室町にある、おちゃらかというフレーバー日本茶専門店のほうじ茶たち。

この他にもモカほうじ茶、ダージリンほうじ茶、チョコミントほうじ茶というものも買いました。

谷中のホテルhanareでウェルカムドリンクとして、季節違いでここの巨峰緑茶や焼きリンゴほうじ茶を出していたのですが、購入希望のゲスト多かったです。

カカオニブは成城石井とかダンデライオンチョコレートとかca ca o とかとにかくいろ

ca ca oのカカオバターとダンデライオンのカカオニブ。
カカオニブはカカオの実を砕いて焙煎されたものなんだけど、ポテトサラダに入れるとポリポリした食感と苦味が絶妙です。

食物繊維と鉄分が豊富なスーパーフードなのですが 私はそのまま食べるのが好きですごい消費してます。かかる、嗜好品代。

あとは小豆茶や黒豆茶のティーバッグの中身や韃靼そばの実を常備。
一人目の時はジャンクなものや甘いもの食べたかったけど、今回は低カロリー高タンパクでお腹に溜まるものを欲していて、お腹の子に操られているんだなぁと感じます。

あと一、二週間...産んだらもうカカオニブ要らなくなるかなぁ(´-`).。oO

恋バナを発展させられない

表題の件で悩んでいます。

恋バナって楽しいものですよね?
誰かがそういう話をしてくれると、ちょっと距離が縮まった気がして嬉しいのですが
上手に話を展開させられず後々思い返して「なぜだ...」と落ち込んでしまうのです。
自分自身が10代に付き合い始めた人と結婚しているので活きの良い話題がないからなのでしょうか。

以下、思い返しても残念な相槌です

「色々すれ違いが重なって、彼女と別れたんですよね...」
「そうなんだぁ...」

「(写真を見せて)これがカレシです(はーと)」
「へぇ〜...年上?」

「支配されたいじゃん?」
「そういうものですかね...」

「17歳の時から彼女がいません、初恋が忘れられなくて...」
「それが初恋なんですか?(だからそう言ってるだろ!と思いつつ)」


なぜだー!!
文字にすると益々ダメな例だということがはっきり分かります。
決して興味がないわけではないのです。ただどうすれば楽しい空間になるのかが分からず悔しい。毎度ぼのぼのの汗みたいのが出てます。

これはスキルの問題なのでしょうか(T . T)良い回答例があったら教えていただきたきです。

草々
須賀

リーダーシップ

2ヶ月ぶり!

駒込ジュン子というユニット名で藤川澄十郎さんの新しい試みであるライブの衣装製作をしています。
もちろん私も多少製作しておりますが技術、アイデア共に母の力はすごいなと改めて尊敬するばかりで
私はコーディネーター(調整役)がメインです。それなのにジュン子。

出来た衣装を持参し稽古見学するたびに出演のみなさんがワクワクしながら稽古を重ねている空気に触れ、こちらも気合いが入るのと、衣装を手に取って笑顔になっている姿を見て嬉しく思い、やりがいを感じます。


最近メインの仕事もコーディネーターで、こちらは悪戦苦闘の場面も多々ありますが、
英語はなんとか会話ができる...かな!くらいにはなってきました。
これまで明確な目的はなく長年たらたらと勉強していたことと重ねて思うのは、継続は力なり、ということもあるけどなにより、「やらなきゃいけない状況に無理矢理身を置いた人間のガムシャラに適応しようとする力すごい」ということです。

最近ものの本でリーダーシップについて読んだのですが、その本にはリーダーシップは全員に必要なスキルとありました。
みんなが同じ成果目標を持ち、全員がチームを率いる気持ちで仕事をする。
リーダーシップのある人は「自分の意見が通ること」よりも成果を出すことを優先するので、各々リーダーシップを発揮することでチームがバラバラになることはない、
リーダーシップのない人は指示待ち人間になるが、リーダーシップのあるメンバーで構成されたチームは各々が直面した問題には各々対処するのでチームリーダーは本来の仕事ができる、と。

バイト上がりで「自分で判断してはいけない」と思い込み、細かいこともマネージャー(課長的ポジション)の指示を仰ぐ傾向がある私にはハッとする内容でしたが

これは舞台を作るときにも当てはまるのかな〜とも思いました。

劇団研究生時代に胃がキリキリしながらも全員に助けられリーダーという役割をした経験も、仕事に活かせるかな。
どうも、「向いてないからやらない」という類の話ではないらしいです。

がんばらねば〜!

やる気、関係ない

私はベッドメイクがとても上手いです。
なぜなら長年している仕事だから。仕事ということは、やる気があっても無くてもとにかくやるべきことをやるしかない。その結果、ベッドメイク超綺麗。

あ〜〜今日ダルいなぁ〜体も重いし、全っ然やる気でない

という時は考え事をしながら、でも体が勝手に動く。気付くとベッドが完成していて、しかも綺麗。ムラがない。(と思う)

そして思う。
「これ、他のことも同じようにやったら同じように上手くなるんだろうにな...」


今月からnew業務をする事になって、それは自分から希望した事だけど、焦る。英語力の足りなさに。

TOEICの点数は実務にはマジで関係ない。出来るか出来ないかなのだ...

なので今までだらだらと目標も無く続けていた英語の勉強を、
『やる気の有無に関わらずやること』にする。

語学習得の鍵は短期集中といいます。
難なく聞き、応えている自分を想像しながら、やる気が出なくてもやる。これしかないんだわ。

夫婦のバランス


この間、大吉夫婦が遊びに来てくれました。

秀ちゃん殆ど休み無しで働いてると聞いてビックリしたけど、
佳代ちゃんは四季の行事もゴハンに取り入れたり、毎月盛り塩したり、掃除や料理も素晴らしくて、彼女がシッカリお家を守っているから秀ちゃんは休みなく働けるのだなぁ〜と

昔先輩主婦に
「家事の分担キッチリしておかないと喧嘩になるよ!」とアドバイスをもらったことがあるのですが
そーゆー事じゃないんだなぁ〜
としみじみ思いました。

私に関しては家事は「出来る」レベルですが、夫も色々やってくれるので大変助かっております。

家事しない男はダメだとか、そういう事じゃない。夫婦それぞれなんだわ。

怖い

引越して一ヶ月半、新しい家にもだいぶ慣れてきました。

のですが なんだか妙なことに、寝室にしている部屋の入口付近から、決まって明け方5時頃に
「パーンッ!!!ミシミシッ...」という音が聞こえて目が覚めるのです。
よくある家鳴り?とはまた違う、部屋に響く音と木の軋む音...

旦那も同じ音を聞いていて、
「明らかに何か居るよ。昼間に聞こえないってことは、寝床にしてるのかな...」
と何かの動物説を推しているのですが私は怖い。

ところでこの家、前の持ち主の方が家具や私物を結構残していて、
使える家具以外の装飾類や本は殆ど処分したのですが
ひとつだけ、その部屋のドア横に唐突にかけてあった「メデューサの目」という魔除けの飾りだけはなんとなくそのままにしておいたのです。
こういうやつ


入居前に掃除を手伝ってくれた母に一連の物音の話をしたら
「あの部屋の入口にかけてあるやつ、あれ本当は家の外から変なものが入ってこないように、家の入口に掛けておくものなんだよね。それがあそこに掛けてあったから、何かあるのかなと思ってそのままにしたんだよね」
と言われて、更に怖いわ!!

父には「塩まけば?」と言われたけど、別に「引越してから頭痛が治らなくて...」とかいう訳ではないので塩撒くのも悪いかなとも思うし...

動物にせよ何にせよ、原因の確かめ方がわからいのがモヤモヤします。

まぁそんなワケなんですが...みなさん遊びにきてね(^_−)−☆

楽しい日々

1歳になりました、息子...!



恵比寿のハミングバーズヒルというレストランにケーキをお願いして...
職人の技術とセンス+私めちゃハッピー→お金
という感じ!

ケーキは盛大に!!!

イベント的にはお誕生日おめでとう大なり私たちおつかれさま会でしたが
息子はみんなとゴハンが嬉しいのかはしゃぎまくっていて、
ジジとババもニコニコで、あぁよかった。



消費のテーマパーク コストコに懲りもせずまた入会して、ますますパーティ野郎になりそうな潤子でした。

そんなに買う物、ないんだけどね...

| 1/32PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

recommend

ヒーシーイット―アクア
ヒーシーイット―アクア (JUGEMレビュー »)
ウィスット・ポンニミット

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR